モグワンドッグフードを市販品と比較してみた結果!衝撃の事実が?

モグワンドッグフードは愛犬家の方なら一度は試してみたい「イギリス産」の高品質ドッグフード。

そんな高級ドッグフード「モグワンドッグフード」と

  • ホームセンター
  • ドラッグストア
  • ペットショップ
  • スーパーマーケット

で売られている市販品のドッグフードと比較してみました。

いったいどういった違いがあるのでしょうか。

 

モグワンドッグフードと市販のドッグフードを比較してみた

モグワンドッグフードは「動物愛護先進国」「ペットフード先進国」と呼ばれる欧州の「イギリス」が原産国です。

その品質の高さから「英国王室」から表彰を受けた事もあるんですね^^

しかもイギリスの法律ではペットフードの製造に厳しい基準が存在するんです。

 

なので「ペットの身体に悪い原材料は使ってはいけない」と法律で定められているんですよ!

 

それと比較すると日本のペットフードの法律整備はまだまだ進んでいません^^;

(※一応日本にもペットフード安全法という法律がありますが、欧州と比較すると未発達と言えます)

つまり日本産の低品質なドッグフードには「イギリスでは使えない粗悪な原材料」を使用してる場合がほとんどなんですね!

 

原材料を比較

日本産の低品質で安価なドッグフードの原材料には「肉副副産物」と呼ばれる肉が使用されています。

肉副産物は家禽類(鶏・七面鳥・アヒル)といった動物の

  1. くちばし

などの「人間の食用に適さない部位」の事です。

このような部位をすり潰しミンチにして出来上がったのが肉副産物。

肉副産物は決して健康的な肉とは言えず、消化吸収もよくありません^^;

 

日本産の低品質なドッグフードはこういった原材料を平気で使用しているんですね・・・。

それと比較し、モグワンドドッグフードの原材料を見てみましょう!

モグワンは

  • 高タンパク質・低脂質なイギリス産の平飼いチキン
  • 世界的にも有名なスコットランド産の良質なサーモン
  • カナダ・北欧等の北大西洋沿岸で採れる新鮮な海藻

といった原材料を使用し「ヒューマングレード」で作られています。

ヒューマングレードとは

  1. 人間が食べる食材を使用
  2. 人間も食べられるレベルで作られている

といった意味合いがあります。

 

つまりモグワンドッグフードは飼い主さんも食べる事が出来るんですね^^

それと比較して日本産の低品質なドッグフードは、人間が食べたらお腹を壊すかもしれません・・・。

出来ればそういったドッグフードは愛犬に与えたくはありません^^;

 

成分を比較

モグワンドッグフードと市販の低品質なドッグフードの成分を比較してました。

その結果分かった事があります。

それは「モグワンドッグフードは低カロリー」という事。

 

実は市販の安価なドッグフードは100gあたり400kcal前後となっています。

ですがモグワンドッグフードのカロリーは100gあたり344kcal。

しかも原材料を見て頂くと分かる通り、栄養たっぷりなのに低カロリーなんですよ。

 

つまりそれだけダイエットに向いているという風に考える事も出来ます。

(※当然食べ過ぎれば低カロリーでも肥満になってしまうので適正量を与えましょう)

 

モグワンドッグフードの給餌量(給与量)

モグワンドッグフードは低カロリーで健康的なドッグフードです。

なので肥満気味のワンちゃんでも比較的楽にダイエットが成功するんですね^^

とは言え、そのためには適切な給仕量を与えなければいけません。

適切な給餌量はモグワンドッグフードの袋に記載されています。

ですが肥満犬の適切な体重が分からないと適切な給餌が出来ません^^;

なので飼われている犬の平均体重を知る必要があります。

 

それが分かればダイエットは簡単^^

太った犬に本来の体重の食事量を与えれば自然とダイエットも成功します。

こうやって愛犬の健康を飼い主さんがサポートしてあげて下さい。